週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

【ナ・リーグ編】MLB個人タイトルまとめ(2021年)

  • 更新日:

 投打の「二刀流」でフル回転の活躍を見せた大谷翔平が、日本人初の本塁打王獲得なるかに注目が集まった今季のメジャーリーグ。ここでは2021年シーズンのMLBを盛り上げた投打の個人タイトル獲得者をまとめてみた。今回はナ・リーグ編をお届けする。

左から大谷翔平(エンゼルス)、ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、レイ(ブルージェイズ)
左から大谷翔平(エンゼルス)、ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、レイ(ブルージェイズ)
  1. 個人打撃タイトル
    1. 【打率】2チーム在籍のT・ターナーが首位打者獲得
      1. 打率ランキング
    2. 【本塁打】タティスが22歳の若き本塁打王に
      1. 本塁打ランキング
    3. 【打点】デュバルが初タイトル、ブレーブス勢が上位独占
      1. 打点ランキング
    4. 【最多安打】首位打者のT・ターナーが最多安打も獲得
      1. 安打ランキング
    5. 【盗塁】T・ターナーが打率、最多安打との3冠に輝く
      1. 盗塁ランキング
  2. 個人投手タイトル
    1. 【防御率】バーンズがブリュワーズ史上初の最優秀防御率
      1. 防御率ランキング
    2. 【最多勝】ウリアスが両リーグ唯一の20勝で最多勝獲得
      1. 最多勝ランキング
    3. 【奪三振】フィリーズのウィーラーが247奪三振で初タイトル
      1. 奪三振ランキング
    4. 【セーブ】パドレスのメランソンが6年ぶり2度目のセーブ王
      1. セーブランキング

個人打撃タイトル

【打率】2チーム在籍のT・ターナーが首位打者獲得

 T・ターナー(ドジャース)
T・ターナー(ドジャース)

打率ランキング

【本塁打】タティスが22歳の若き本塁打王に

タティス(パドレス)
タティス(パドレス)

本塁打ランキング

【打点】デュバルが初タイトル、ブレーブス勢が上位独占

デュバル(ブレーブス)
デュバル(ブレーブス)

打点ランキング

【最多安打】首位打者のT・ターナーが最多安打も獲得

 T・ターナー(ドジャース)
T・ターナー(ドジャース)

安打ランキング

【盗塁】T・ターナーが打率、最多安打との3冠に輝く

 T・ターナー(ドジャース)
T・ターナー(ドジャース)

盗塁ランキング

個人投手タイトル

【防御率】バーンズがブリュワーズ史上初の最優秀防御率

バーンズ(ブリュワーズ)
バーンズ(ブリュワーズ)

防御率ランキング

【最多勝】ウリアスが両リーグ唯一の20勝で最多勝獲得

ウリアス(ドジャース)
ウリアス(ドジャース)

勝利ランキング

【奪三振】フィリーズのウィーラーが247奪三振で初タイトル

ウィーラー(フィリーズ)
ウィーラー(フィリーズ)

奪三振ランキング

【セーブ】パドレスのメランソンが6年ぶり2度目のセーブ王

メランソン(パドレス)
メランソン(パドレス)

セーブランキング